論文一覧

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度

2007年度 2006年度 2005年度 2004年度 2003年度 2002年度 2001年度 2000年度 1999年度 1998年度


ページのトップへ

2016年度
  畳み込みニューラルネットワークの特徴マップ選択によるトラッキング,
山田真生, 渡辺崇,
情報処理学会第79回全国大会, 1P-08, 2017, Mar. 16-18, 名古屋.
 
  Numerical Simlation of Flow over an Open Cavity with Self-Sustained Oscillation Mode Switching,
Takashi Yoshida, Takashi Watanabe
Open Journal of Fluid Dynamics, Vol. 6, No. 4 (2016-12), pp. 361-370.
 
  ハブを共有し円柱容器内で回転する二重円板間流れの数値解析,
上坂守彦, 津川昇平, 平田勝哉, 渡辺崇,
第30回数値流体力学シンポジウム講演論文集, D01-3, 2016, Dec. 12-14, 東京都江戸川区.
 
  ケーシング内の二円板間の複雑流れの数値解析と実験による可視化,
上西亮輔, 津川昇平, 上坂守彦, 渡辺崇, 谷川博哉, 平田勝哉,
日本機械学会第29回計算力学講演会論文集, No. 16-4, No. 222, 2016, Sep. 22-24, 名古屋.
 
  Vortex Structure Depending on Disk Acceleration Time in Cylindrical Casing,
H. Furukawa, A. Wada, T. Watanabe,
The 27th International Symposium on Transport Phenomena, ISTP27-012, 2016, Sep. 20-23, Honolulu, USA.
 
  Numerical Estimation of the Flow around a Rotating Disk in a Cylindrical Casing,
Takashi Watanabe, Soma Endo, Yorinobu Toya,
The 12th World Congress on Computational Mechanics, MS101A-3, 2016, Jul. 24-29, Seoul, Korea.
 
  Chaotic Numerical Analysis for Instability of the Taylor Vortex Flow,
Yorinobu Toya, Takashi Watanabe,
The 12th World Congress on Computational Mechanics, MS101A-2, 2016, Jul. 24-29, Seoul, Korea.
 
ページのトップへ

2015年度
  回転二重円筒間を旋回する互いに混和しない二液界面の波動現象,
戸谷順信, 大井伸天, 渡辺崇,
日本機械学会論文集, Vol. 82, No. 835 (2016), 15-00621-1-13.
 
  回転円盤周りの渦構造とレイノルズ数増加に伴うトルクの関係の予測,
坂井友一, 渡辺崇, 遠藤壮真,
日本機械学会東海支部第65期総会・講演会講演論文集, No. 163-1, No. 233, 2016, Mar. 17-18.
 
  ハブを共有し回転する二円板間の流動形態の予測,
上坂守彦, 津川昇平, 平田勝哉, 渡辺崇,
日本機械学会東海支部第65期総会・講演会講演論文集, No. 163-1, No. 232, 2016, Mar. 17-18.
 
  Effect of Axial Clearance on the Flow Structure around a Rotating Disk Enclosed in a Cylindrical Casing,
T. Watanabe, H. Furukawa, S. Fujisawa, S. Endo,
Journal of Flow Control, Measurement & Visualization, Vol. 4 (2016), 1-12.
 
  Detection of the Chaotic Flow Instability in a Natural Convection Loop Using the Recurrence Plot Analysis and the Nonlinear Prediction,
H. Nishikawa, K. Matsumura, S. Okino, T. Watanabe, F. Suda,
Journal of Thermal Science and Technology, Vol. 10, No. 2 (2015), 15-00236-1-12.
 
  円筒容器回転円盤による旋回流の力学的特性と渦構造の発達様式,
遠藤壮真, 渡辺崇, 坂井友一,
第29回数値流体力学シンポジウム, C06-3, 福岡, 2015, Dec. 15-17.
 
  円筒容器内で回転する円盤まわりに現れる渦構造の発達過程,
遠藤壮真, 渡辺崇, 坂井友一,
可視化情報全国講演会(京都2015), E207, 京都, 2015, Oct. 10-11.
 
  回転円盤周りの渦発達に対する円盤増速率の効果,
坂井友一, 渡辺崇, 遠藤壮真,
可視化情報全国講演会(京都2015), A105, 京都, 2015, Oct. 10-11.
 
  円筒容器内回転円盤の増速率による渦構造の変化,
遠藤壮真, 渡辺崇, 原詳太,
日本機械学会2015年度年次大会, G0500804, 札幌, 2015, Sep. 13-16.
 
  二重矩形領域内流れの様相,
渡辺崇, 中村育男,
日本機械学会2015年度年次大会, G0500404, 札幌, 2015, Sep. 13-16.
 
  Effects of a Radial Gap on Vortical Flow Structures around a Rotating Disk in a Cylindrical Casing,
S. Hara, T. Watanabe, H. Furukawa, S. Endo,
Journal of Visualization, Vol. 18, No. 3 (2015), 501-510.
 
ページのトップへ

2014年度
  円筒形容器内回転円板の増速率による旋回流への影響,
遠藤壮真, 原詳太, 渡辺崇,
日本機械学会東海支部第64期総会・講演会講演論文集, No. 153-1, 108, 2015, Mar. 13-14.
 
  Direct Numerical Simulation of Flows over a Cavity with Flow Control Using a Moving Bottom Wall,
Takashi Yoshida, Takashi Watanabe,
11th World Congress on Computational Mechanics, CS658C, 2014, July 20-25.
 
  Stochastic Segmentation of Individual Human Flow from Heavy Traffic Scenes,
Xia Jie, Takashi Watanabe,
16th International Symposium on Flow Visualization, ISFV16-1038, 2014, June 24-28.
 
  Effects of a Radial Gap on Vortical Flow Structures around a Rotating Disk in a Cylindrical Casing,
S. Hara, T. Watanabe, H. Furukawa,
16th International Symposium on Flow Visualization, ISFV16-1079, 2014, June 24-28.
 
  Development and Flow Modes of Vertical Taylor-Couette System with Free Surface,
T. Watanabe, Y. Toya, S. Hara,
World Journal of Mechanics, Vol. 4, No. 3 (2014), pp. 90-96.
 
ページのトップへ

2013年度
  Experimental study of Taylor vortex flow in non-Newtonian fluids,
H. Furukawa, H. Horikoshi, T. Watanabe,
18th International Couette-Taylor Workshop, Talk 11 (2013, Jun.),
Enshede, Netherlands.
 
  回転二重円筒間を旋回する二液流体の界面振動の画像解析,
原 詳太, 戸谷 順信, 渡辺 崇,
日本機械学会2013年度年次大会, J013013, 2013, Sep. 8-11.
 
  Mode Control of Flow in the Vertical Taylor-Couette System with Free Surface,
T. Watanabe, Y. Toya, Y. Iseki,
The 12th International Symposium on Fluid Control, Measurement and Visualization,
OS16-01-1, 2013, Nov. 18-23.
 
  Fluctuation of the Interface between Two Immiscible Fluids in the Vertical Rotating Cylinders,
Y. Toya, T. Watanabe, S. Hara,
The 12th International Symposium on Fluid Control, Measurement and Visualization,
OS6-01-1, 2013, Nov. 18-23.
 
  Energy Storage and Dissipation of the Flow around a Rotating Disk in a Cylindrical Casing,
S. Hara, T. Watanabe, Y. Toya,
International Symposium on EcoTopia Science 2013, 15-3-30, 2013, Dec. 13-15.
 
  円柱容器内の回転円盤周りにおける渦構造,
原 詳太, 渡辺 崇,
第27回数値流体力学シンポジウム, F04-2, 2013, Dec. 17-19.
 
ページのトップへ

2012年度
  回転円板周りの流れの可視化的形態変化,
渡辺 崇,
日本機械学会2012年度年次大会, J011024, 2012, Sep. 9-12.
 
  VOFモデルと非反復時間進行アルゴリズムを用いたタンクスロッシング 非定常問題の数値的研究,
三成雅子, 渡辺 崇,
日本機械学会2012年度年次大会, J011025, 2012, Sep. 9-12.
 
  PIV Analysis of Mode Bifurcation in Taylor Vortex Flow,
H. Furukawa, H. Horikoshi, N. Ohazama, T. Watanabe,
Proc. 15th International Symposium on Flow Visualization, ISFV15-022 (2012), Minsk, Jun. 25.
 
  Bifurcation of Flow around a Rotating Disk,
T. Watanabe, H. Furukawa,
Proc. 15th International Symposium on Flow Visualization, ISFV15-016 (2012), Minsk, Jun. 27.
 
  Visualization of People-flow Path in Environment and Identification of Outlier
T. Watanabe,
Proc. 15th International Symposium on Flow Visualization, ISFV15-017 (2012), Minsk, Jun. 28.
 
  移動物体の動線集合からの異常行動・現象の検出,
渡辺 崇,
計算工学会論文集,Vol .17(2012-5), A-4-1.
 
  人の歩行軌跡の累積に基づく異常行動の特定,
渡辺 崇, 金井 謙二,
日本機械学会論文集(C編), 78巻, 788号 (2012-4), pp. 1211-1225.
 
  Time constants of the transition between onset and
decay Reynolds numbers for the appearance of Taylor-Couette flow,
T. Watanabe,
World J. Mech., Vol. 2, No. 2 (2012-4), pp. 77-83.
 
ページのトップへ

2011年度
  半径方向に隙間を持ち円柱容器内で回転する円板周りの流れのレイノルズ数による遷移,
渡辺 崇, 藤澤 翔平,
日本機械学会論文集B編, Vol. 78, No. 786 (2012), 244-253.
 
  Vertical Taylor-Couette Flow with Free Surface at Small Aspect Ratio,
T. Watanabe, T. Toya,
Acta Mechanica, Vol. 223, No. 2 (2012), 347-353.
 
  容器内回転円盤周りに現れる流れ形態の軸方向隙間による遷移,
藤澤 翔平,渡辺 崇,
第25回数値流体力学シンポジウム, D08-3, 2011, Dec. 19-21.
 
  円柱クエット流とテイラー渦の発達時定数の可視化,
渡辺 崇,
第25回数値流体力学シンポジウム, D08-2, 2011, Dec. 19-21.
 
  オプティカルフローを用いた動線履歴による特異行動の検出,
金井 謙二,渡辺 崇,
第25回数値流体力学シンポジウム, D08-1, 2011, Dec. 19-21.
 
  回転二重円柱間流れに対する初期撹乱の数値解析,
井関 優介, 渡辺 崇,
第24回計算力学講演会, 1803, 2011, Oct. 8-10.
 
  容器内回転円盤周りに現れる流れの遷移過程,
藤澤 翔平, 渡辺 崇,
第24回計算力学講演会, 1802, 2011, Oct. 8-10.
 
  流体工学と問題解決,
渡辺崇,
機械学会2011年度年次大会(Sep. 11-14), F05100 フルードインフォマティクスの基礎, Sep. 12.
 
  Time constant in the onset and decay flow of Taylor-Couette flow around critical Reynolds number,
T. Watanabe,
17th International Couette-Taylor Workshop, Leeds, July-26, 25-27.
 
  Bead-like Vortex and Sickle-like Vortex Found around a Thick Rotating Disk in a Casing,
T. Watanabe,
17th International Couette-Taylor Workshop, Leeds, July-25, 25-27.
 
  Analysis of Taylor vortex flow with small aspect ratio by particle image velocimetry (PIV) method,
H. Furukawa, M. Ohno, N. Ohazama, N. Suzuki, T. Watanabe,
17th International Couette-Taylor Workshop, Leeds, July25, 25-27.
 
  3-Dimensional Numerical Analysis of Instability of Taylor Flow and Wavy Taylor Flow,
Y. Toya, S. Kuwabara,S. Nakazawa, H. Kakeno, T. Watanabe,
The 11th Asian Symposium on Visualization, ASV11-07-16 2011, June 5-9.
 
  Fluctuation of Interface between Immiscible Fluids in the Rotating Cylinders,
Y. Toya, S. Hara, Y. Wada, T. Watanabe,
The 11th Asian Symposium on Visualization, ASV11-14-12, 2011, June 5-9.
 
  Three-dimensional Flow Structure around a Finite Disk Rotating in a Cylindrical Casing,
T. Watanabe,S. Fujisawa.
The 11th Asian Symposium on Visualization, ASV11-14-12, 2011, June 5-9.
 
  Variation of Time Constant between the Super-critical and Sub-critical Taylor-Couette Flow,
T. Watanabe,
The 11th Asian Symposium on Visualization, ASV11-08-21, 2011, June 5-9.
 
ページのトップへ

 

2010年度
  複数台カメラの協調動作による人物追跡と放置物体の可視化,
金井謙二,渡辺崇,
第24回数値流体力学シンポジウム, F8-2, 2010, Dec. 20-22.
 
  容器内回転円盤周りに現れるビーズ・シックル状渦の発達過程の可視化,
藤澤翔平,渡辺崇,
第24回数値流体力学シンポジウム, F8-1, 2010, Dec. 20-22.
 
  オプティカルフローを用いた方向分類による人物動作の同期解析,
金井謙二,渡辺崇,
日本機械学会論文集(C編), 76-771, 3172-3174, 2010年11月.
 
  The effect of rim-shroud gap on the spiral rolls formed around a rotating disk,
Watanabe, T., Furukawa, H.,
Physics of Fluids, 22, 114102-1-7 (2010).
 
  容器内回転円板周りのビーズ状渦発達過程の可視化,
渡辺崇, 古川裕之,
日本機械学会2010年度年次大会講演論文集,
J0101-2-3, 2010, Sep., 名古屋.
 
  テイラー渦流れの不安定性に関するエネルギー変動の評価,
戸谷順信, 渡辺崇,
日本機械学会2010年度年次大会講演論文集,
J0101-3-3, 2010, Sep., 名古屋.
 
  回転2重円柱間流れのGinzburg-Landau形成長,
藤澤翔平, 渡辺崇, 戸谷順信,
日本機械学会2010年度年次大会講演論文集,
J0101-3-4, 2010, Sep., 名古屋.
 
  Instability between Taylor vortex flow and wavy Taylor vortex flow,
Toya, Y., Watanabe, T.,
14th International Symposium on Flow Visualization, 9A-2 (2010).
 
  Visualization of new flow pattern found in the flow around a rotating disk,
Watanabe, T., Furukawa, H.,
14th International Symposium on Flow Visualization, 9A-1 (2010).
 
  Visualized development of onset flow between two rotating cylinders,
Fujisawa, S., Watanabe, T, Toya, Y.,
14th International Symposium on Flow Visualization, 8A-1 (2010).
 330Kbytes  ABSTRACT (113Kbytes)

  High accuracy calibration of multiple cameras by Taguchi method and multiple viewpoints tracking of human motion flows,
Kanai, K., Watanabe, T., Ikai, F.,
14th International Symposium on Flow Visualization, 6A-3 (2010).
 610Kbytes  ABSTRACT (200Kbytes)
 
  Mode analysis of Taylor vortex flow using PIV method,
Furukawa H., Watanabe, T.,
14th International Symposium on Flow Visualization, 4E-3 (2010).
 
  Flows around a rotating disks with and without rim-shroud gap ,
Watanabe T., Furukawa H.,
Experiments in Fluids, Vol. 48, No. 4 (2010), 631-636.
 
ページのトップへ

2009年度
  オプティカルフローを用いた複数人物間における同期動作の同定,
猪飼文洋, 渡辺崇,
2010年電子情報通信学会、D-12-19, 2010, Mar. 16-19.
 
  人の特徴的動き情報を用いた群衆の実時間分類法,
猪飼文洋, 渡辺崇,
2010年電子情報通信学会、DS-2-6, 2010, Mar. 16-19.
 
  複数人物間における動作の流れに関する同期解析,
猪飼文洋, 渡辺崇,
照明学会東海支部若手セミナーシンポジウム, 2010 Mar. 3(研究奨励賞) .
 
  回転二重円筒間を旋回する二液流体の界面の振動と混合現象
(第1報, 流れの可視化による二つの流体界面の基礎研究),
戸谷順信, 渡辺崇, 中村育雄,
日本機械学会論文集(B編),76-761 (2010-1), 42-48.
 
  有限長回転2重円柱間流れにおけるGingburg-Landau形成長渦の発達過程の同定,
中島健太, 渡辺崇,
第22回自立分散システムシンポジウム, 275-280, 2010 Jan. 30-31.
 
  人動作からの移動物体検出のための広域な動的拝啓画像の作成,
浅井啓太, 渡辺崇,
第22回自立分散システムシンポジウム, 331-336, 2010 Jan. 30-31.
 
  有限長さの回転2重円柱間で発達する渦のLandau形成長,
中島健太, 渡辺崇,
第23回数値流体シンポジウム, C6-2, 2009, Dec. 16-18.
 
  人同期の多方向からの同時解析,
猪飼文洋, 渡辺崇,
第23回数値流体シンポジウム, C7-2, 2009, Dec. 16-18.
 
  複数視点からの人物動作同期解析,
猪飼文洋, 渡辺崇,
日本図学会中部支部秋期例会・研究会, 2009, Oct. 30.
 
  世界座標平面と画像座標平面の射影関係を用いた複数カメラの外部パラメータ校正,
渡辺崇, 江間珠恵,
図学研究, Vol. 43, No. 3 (125 号), 11-17.
 
  Estimation of Fluid Energy in Taylor Vortex Flow Using PIV Method,
H. Furukawa, T. Ohashi, T. Watanabe,
R`09 Twin World Conference and World Resources Forum,
NO. 233, 2009, Sep., Nagoya.
 
  Flow Field and Temperature Field Affected by the array of desks,
in the Room with Air-conditioning,
M. Minari, T. Watanabe,
R`09 Twin World Conference and World Resources Forum,
NO. 73, 2009, Sep., Nagoya.
 
  回転円盤周りのビーズ渦に関する実験的研究,
田中豪, 渡辺崇, 古川裕之,
日本機械学会2009年度年次大会講演論文集,
J0104-1-2, 2009, Sep., 盛岡.
 
  回転円盤周りの螺旋渦に関する卯実験的研究,
鈴木雄也, 渡辺崇, 古川裕之,
日本機械学会2009年度年次大会講演論文集,
J0104-1-3, 2009, Sep., 盛岡.
 
  容器内回転円板まわりの乱れ流れの可視化的評価,
渡辺崇, 古川裕之,
日本機械学会2009年度年次大会講演論文集,
J0104-1-4, 2009, Sep., 盛岡.
 
  Experimental Study of Effect Circular Walls around a Rotating Disk
H. Furukawa, M. Nakajima, T. Ohashi, T. Watanabe
16th Couette-Taylor Workshop,
2009-Sep., Princeton, USA..
 
  Evaluation of Flow Structure around a Finite-thickness Rotating
Disk in a Cylindrical Enclosure, T. Watanabe, H. Furukawa,
16th Couette-Taylor Workshop,
2009-Sep., Princeton, USA.
 
ページのトップへ

2008年度
  容器内回転円盤の半径隙間と螺旋流の崩壊過程の関係,
千代盛豊, 渡辺崇,
第22回数値流体力学シンポジウム,
J8-1, 2008-Dec, Tokyo.
 
  キャビティを過ぎる二次元圧縮流れの振動モード変化の数値シミュレーション,
稲村淳平, 吉田尚史, 井上揚, 渡辺崇,
第22回数値流体力学シンポジウム,
G2-2, 2008-Dec, Tokyo.
 
  Influence of Radial Gap on Flows around a Rotating Disc in a
Cylindrical Casing and Structures of Spiral Arms,
Chiyomori, Y., Watanabe, T.,
The Seventh JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference,
K-313, 2008-Oct, Sapporo.
 
  Effect of Air-stirring Fan on Heating System of Lecture Room,
Minari, M., Watanabe, T.,
The Seventh JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference,
M-133, 2008-Oct, Sapporo.
 
  ビデオ画像解析による複数身体動作の同期性の検出
浅井啓太, 大場美保子, 渡辺崇,
可視化情報, Vol. 28, Suppl. No. 2, 173-174, 2008.
 
  Mode Formation of Free Surface Flow between Concentric vertical cylinders
Watanabe, T., Toya, Y., Nakamura, I.,
Journal of Physics: Conference Series, 137, 012007, 2008
 
  Visual Estimation of Effect of Rim-shroud Clearance on Flows around a
Rotating Disk
Watanabe, T., Furukawa, H.,
13th International Symposium on Flow Visualization, No. 77, 2008-7, Nice.
 
  Quantitative Comparison between CFD and EFD Measured by PIV in Co-axial
Rotating Cylinders
Furukawa, H., Ohashi, T., Kondo, Y, Nomura, A., Watanabe, T.,
13th International Symposium on Flow Visualization, No. 78, 2008-7, Nice.
 
ページのトップへ

2007年度
  Influence of Initial Flow on Taylor Vortex Flow
Furukawa, H., Hanaki, M., Watanabe, T.,
Journal of Fluid Science and Technology, Vol. 3, No. 3, 129-136, 2008.
 
  Homography行列に基づいた複数台カメラの動的校正法の評価
西村武彦, 渡辺崇
可視化情報, Vol. 27, Suppl. No. 2, 7-8, 2007.
 
  Tarnsition of Free-surface Flow Modes in Taylor-Couette System
Watanabe, T., Furukawa, H., Toya. Y.,
Journal of Visualization, Vol. 10, No. 3, 309-316, 2007.
 
  Numerical Simulation of Two-dimensional Imcompressible Flows over
cavities and their control,
Yoshida, T., Watanabe, T.,
ASME/JSME Fluid Engineering Conference, FEDSM2007-37410, 2007.
 
  Effects of Geometrical Structure on Flows around a Rotating Disk
in an enclosure,
Watanabe, T., Furukawa, H., Suzuki, M.,
ASME/JSME Fluid Engineering Conference, FEDSM2007-37067, 2007.
 
  Numerical Study of Effects of Initial Flow Field on Taylor Vortex Flow,
Furukawa, H., Hanaki, M., Watanabe, T.,
ASME/JSME Fluid Engineering Conference, FEDSM2007-37052, 2007.
 
  Wave Motion and Mixing Phenomena in the Boundary Surface of the Immiscible
Fluids between Rotating Cylinders,
Toya, Y., Watanabe, T., Nakamura, I.,
International Couette-Taylor Workshop, 316-319, 2007, Le Havre.
 
  Qualitative Comparision between CFD and EFD measured by PIV in Taylor Vortex Flow,
Furukawa, H., Kato, M., Watanabe, T., Nakamura, I.,
International Couette-Taylor Workshop, 2.6, 2007, Le Havre.
 
  Mode Formation of Taylor-Couette Flow with Free Surface at the Top,
Watanabe, T., Toya, Y., Nakamura, I.,
International Couette-Taylor Workshop, 50-55, 2007, Le Havre.
 
  Numerical Analysis of the Bifurcation to Wavy Taylor Vortex Flow with a
Small Aspect Ratio
Toya, Y., Watanabe, T.,
International Couette-Taylor Workshop, 24-27, 2007, Le Havre.
 
ページのトップへ

2006年度
  Homography行列に基づいた複数台カメラの動的校正法の評価,
江間珠恵, 西村武彦, 渡辺崇,
電子情報通信学会総合大会, D-12-3, 2007.
 
  放置物体監視のためのパノラマ画像の利用,
八谷晴美, 渡辺崇,
電子情報通信学会総合大会, D-12-98, 2007.
 
  人の動作により生じる放置物体の効率的な監視,
藤橋邦好, 渡辺崇
動的画像処理実利用化ワークショップ, 72-77, 2007.
 
  Numerical Analysis of Control of Flow Oscillations in Open Cavity
Using Movig Bottom Wall,
Yoshida, T., Watanabe, T., Ikeda T., Iio, S.,
JSME International Journal, Ser.B, 49-4, 1098-1104, 2006.
 
  人が放置する物体の動的認識
渡辺崇、前田優樹、
日本機械学会論文集C編、72-720、2580-2587、2006年8月
 
  Interactive Visualization System of Flow Development in
Taylor Vortex Flow,
Furukawa, H., Takagishi, T., Watanabe, T.,
12th International Symposium on Flow Visualization, 4.2,
Goettingen, Sep. 2006.
 
  Visualization and and Measurement of Free Surface Flow between
Two Rotating Cylinders,
Watanabe, T., Furukawa, H., Toya, Y.,
12th International Symposium on Flow Visualization, 6.6,
Goettingen, Sep. 2006.
 
  大域カメラおよび局所カメラの協調による放置物体の監視、
藤橋邦好、渡辺崇、
日本機械学会2006年度年次大会講演論文集 (5)、1-2、2006年9月.
 
  精度保証による境界層方程式の解存在範囲の発見、
鈴木卓、渡辺崇、
日本機械学会2006年度年次大会講演論文集 (7)、151-152、2006年9月.
 
  アスペクト比が小さいテイラー渦流れの波動モードの決定に関する 3次元数値解析、
森田俊樹、戸谷順信、渡辺崇、古川裕之、中村育雄、
日本機械学会2006年度年次大会講演論文集 (7)、153-155、2006年9月.
 
  容器内回転円盤周りの流れに対する軸方向隙間の影響、
鈴木優也、渡辺崇、古川裕之、
日本機械学会2006年度年次大会講演論文集 (2)、411-412、2006年9月.
 
  回転円盤周りの流れに対する軸方向隙間の影響についての定量評価、
鈴木優也、渡辺崇、古川裕之、
日本機械学会第19回計算力学講演会講演論文集、275-276、2006年11月.
 
ページのトップへ

2005年度
  テイラー渦のインタラクティブ可視化システムの開発、
古川裕之、小林靖幸、渡辺崇、中村育雄、
可視化情報学会論文集、25-8 (2005-8)、45-51.
 
  Effect of Rim-Shround Clearance on the Flow Development around
a Finite-Thickness Rotating Disk in a Cylindrical Enclosure,
Watanabe, T., Furukawa, H., Nakamura, I.,
Journal of Visualization, 8-2 (2005), 85.
 
  複数台カメラによる広領域場の自動追跡、
大野雅、渡辺崇、
日本機械学会2005年度年次大会講演論文集 (5)、1-2、2005年9月.
 
  流体工学テキストブック問題における情報の構造化、
渡辺崇、高倉大典、中村育雄、
日本機械学会2005年度年次大会講演論文集 (7)、1-2、2005年9月.
 
  Numerical Analysis of the Bifurcation to Wavy Taylor Vortex flow with a Small Aspect Ratio,
Toya, Y., Watanabe, T., Nakamura, I.,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.14 (2005), 1-8.
 
  Development of free surface flow between concentirc cylinders with vertical axes,
Watanabe, T., Toya, Y., Nakamura, I.,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.14 (2005), 9-19.
 
  Visual study of variation of flow patterns around a disk in a casing: effects of edge of the disk,
Furukawa, H., Tsutui, H., Aoki, K., Watanabe, T., Nakamura, I.,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.14 (2005), 220-227.
 
ページのトップへ

2004年度
  広域環境下における複数台の能動カメラによる移動物体の協調追跡、
大野雅、渡辺崇、
電子情報通信学会 2005 年総合大会講演論文集、D-12-33、
2005年3月
 
  人が移動、放置する物体の検出、
渡辺崇、前田優樹
電子情報通信学会 2005 年総合大会講演論文集、D-12-37、
2005年3月
 
  アスペクト比が小さいテイラー渦流れの数値解析
(第1報、レイノルズ数の増加履歴によるモードの選択)、
戸谷順信、左治木修、原里美、渡辺崇、中村育雄、
日本機械学会論文集B編、71-701、96-103、2005年1月
 
  回転2重鉛直円柱間で発達する自由表面を持つ流れ、
渡辺崇、樫本実、古川裕之、戸谷順信、中村育雄、
日本機械学会2004年度年次大会講演論文集 (2)、423-424、
2004年9月
 
  広域環境下における複数台カメラの動的校正、
伊達大介、渡辺崇、
日本機械学会2004年度年次大会講演論文集 (5)、307-308、
2004年9月
 
  動的環境下における移動物体の認識と履歴の同定、
前田優樹、北島利夫、渡辺崇、
日本機械学会2004年度年次大会講演論文集 (5)、309-310、
2004年9月
 
  相対極座標平面を用いた HMM に基く手書き文字認識、
藪田学、渡辺崇、
日本機械学会2004年度年次大会講演論文集 (5)、311-312、
2004年9月
 
  レーザポインタを用いた移動カメラの障碍物回避、
近藤啓太郎、渡辺崇、
日本機械学会2004年度年次大会講演論文集 (5)、313-314、
2004年9月
 
  Visual Information of Taylor Vortex Flow with Stress-free
Boundary Condition,
Furukawa, H., Watanaeb, T.,
11th International Symposium on Flow Visualization, 2.7.4,
Aug. 2004.
 
  Transition Scenario of Flows around a Rotating Disk in a
Cylindrical Enclosure with Rim-casing Clearance,
Watanaeb, T., Morisue, T., Furukawa, H., Nakamura, I.,
11th International Symposium on Flow Visualization, 2.14.4,
Aug. 2004.
 
  Dynamic Calibration of Image Sensors for the Observation and
Measurement of Flows,
Date, D., Watanabe, T.,
11th International Symposium on Flow Visualization, 4.8.2,
Aug. 2004.
 
  低アスペクト比のテイラー渦流れのモード形成に関する3次元数値解析,
渡辺崇, 梅村宜生, 古川裕之, 中村育雄,
日本計算工学会論文集, Vol. 6 (2004), pp. 83-90.
 
  ゾンマーフェルト放射条件の対流速度についての評価、
吉田尚史、渡辺崇、池田敏彦、
日本計算工学会論文集、vol.6 (2004), pp.43-50.
 
 
ページのトップへ

2003年度
  回転2重円柱間流れモード情報に対する力学的揺らぎの影響、
樫本実、渡辺崇、森末隆、戸谷順信、中村育雄、古川裕之、
日本機械学会2003年度年次大会講演論文集(4),199-200、
2003年8月
 
  容器内回転円盤による旋回流の遷移についての定量評価
森末隆、渡辺崇、樫本実、青井一将、中村育雄、
日本機械学会2003年度年次大会講演論文集(2),395-396,
2003年8月
 
  容器内の回転円盤流れのパターンの研究
青井一将、中村育雄、森末隆、渡辺崇、樫本実、
日本機械学会2003年度年次大会講演論文集(2),393-394,
2003年8月
 
  複数台カメラの協調によるカメラ校正と移動体の選択的追跡
伊達大介、大島修、渡辺崇、
日本機械学会2003年度年次大会講演論文集(5),223-224、
2003年8月
 
  Influence of Rim-Shround Clearance on Flow around Rotating Disc
in Cylindeircal Enclosure,
Watanabe, T., Morisue, T., Kashimoti, M., Aoi, K., Nakamura, I.,
Nonlinear Dynamics in Fluids, eds. Marques, F., Meseguer, A.,
CIMNE, Barcelona, 156-159,
Aug. 2003.
 
  3-Dimensional numerical analysis of the Taylor vortex flow with a
small aspect ratio
(Dynamical condition for the determination of the final mode),
Toya, Y., Watanabe, T., Furukawa, H., Nakamura, I.,
Nonlinear Dynamics in Fluids, eds. Marques, F., Meseguer, A.,
CIMNE, Barcelona, 73-76,
Aug. 2003.
 
  Initial Fluctuation in Velocity Field and Mode Variation of
Taylor-Couette Flow,
Watanabe, T., Kashimoto, M., Morisue, T, Toya, Y., Furukawa, H., Nakamura, I.,
Nonlinear Dynamics in Fluids, eds. Marques, F., Meseguer, A.,
CIMNE, Barcelona, 35-38,
Aug. 2003.
 
  Identificatin of Vortex Information from Flow Field in Taylor-Couette System,
Furukawa, H., Watanabe, T., Nakamura, I.,
Nonlinear Dynamics in Fluids, eds. Marques, F., Meseguer, A.,
CIMNE, Barcelona, 22-25,
Aug. 2003.
 
  アスペクト比が小さいテイラー渦流れの数値計算、
原里美、戸谷順信、渡辺崇、中村育雄、
日本機械学会東海支部第52期総会講演会講演論文集 No. 033-1,97-98,
2003年3月

ページのトップへ

2002年度
  Applications of Knowledge Engineering to Fluid Engineering,
Nakamura,I., Watanabe,T.,
Symposium on AFI(Advanced Fluid Information), 39-45,
Nov., 2002.
 252Kbytes
 
  Numerical study on convective boundary conditions in finite difference method for incompressible flows,
Yoshida,T., Watanabe,T., Ikeda, T.,
the Fifth JSME-KSME Fluid Engineering Conference,
Nov. 2002, Nagoya.
 
  アスペクト比が小さい場合のテイラー渦流れ
(変異・正規モード間の流動形態変化と非定常モードの遷移過程)
古川裕之, 渡辺崇,中村育雄,
日本機械学会論文集B編, 68-674, pp. 2671-2678
2002年10月
 
  複数台のカメラエージェントの協調による移動物体の選択的な追跡
大島修,渡辺崇,
日本機械学会松山地方講演論文集 No.025-2,
2002年10月
 
  回転2重円筒管内流れのモード情報推移に対する内円筒増速率の影響
樫本実,渡辺崇,戸谷順信,
日本機械学会松山地方講演論文集 No.025-2,
2002年10月
 252Kbytes
 
  回転2重円筒流れに発現する非一意モード情報の定量的評価
渡辺崇, 中村育雄, 古川裕之,
日本機械学会2002年度年次大会講演論文集(7),31-32,
2002年9月
 152Kbytes
 
  流れ学における定性物理的アプローチ(流れからの渦の分節)
中村育雄, 渡辺崇, 戸谷順信,古川裕之,
日本機械学会2002年度年次大会講演論文集(7),17-18,
2002年9月
 
  低アスペクト比のテイラー渦流れに現れる非定常モードの形成過程
梅村宜生、渡辺崇、中村育雄
日本機械学会東海支部豊橋地区講演会 No.023-2 (No.333)
2002年8月
 316Kbytes
 
  Visualized Numerical Three-Dimensional Flow Development between Very Short Rotating Cylinders
Umemura, N., Watanabe, T., Furukawa, H. and Nakamura, I.
The 10th International Symposium on Flow Visualization, F0095
August 26-29, 2002, Kyoto, Japan
 3.3Mbytes   ABSTRACT(12Kbytes)
 
  複数台のカメラの協調による移動物体の追跡法について
大島修,渡辺崇,
日本図学会2002年度大会学術講演論文集,71ー74,2002年5月
 
  定量的なモード判別法を用いたテイラー渦流れにおける非一意的形成過程の分類
古川裕之、渡辺崇、中村育雄
日本計算工学会論文集、2002年号
 
  Flow Pattern Exchange in the Taylor-Couette System with a Very Small Aspect Ratio
Furukawa, H., Watanabe, T., Toya, Y., Nakamura, I.
Physical Review E, Vol. 65, No. 3 (2002), 36306.1-36306.7
 
  多重解テイラー渦流れのモード形成条件(固定端における数値解析)
戸谷順信、左治木修、渡辺崇、中村育雄
日本機械学会東海支部第51期総会講演会講演論文集 No. 023-1, 51-52
2002年3月 名城大学
 
  Nonlinear Development of Flow Patterns in an Annulus with Decelerating Inner Cylinder
Watanabe, T., Furukawa, H., Nakamura, I.
Physics of Fluids, Vol. 14, No. 1 (2002), 333-341
 
ページのトップへ

2001年度
  Visualization of Sudden-Start Flow between Two Concentric Rotating Cylinders with Finite Length
Watanabe, T., Furukawa, H., Aoki, M., Nakamura, I.
Journal of Visualization, Vol. 4, No. 3 (2001), 223-230
 
 
  低アスペクト比テイラークエット流の非線形モード形成に関する数値解析
梅村宜生、渡辺崇、古川裕之、中村育雄
日本機械学会山梨講演会論文集(共催:日本機械学会関東支部、精密工学会)、257-258
2001年10月 山梨大学
 523Kbytes
 
  旋回流中の微粒子の運動に関する研究
小島礼慈、渡辺崇、中村育雄
日本機械学会山梨講演会論文集(共催:日本機械学会関東支部、精密工学会)、253-254
2001年10月 山梨大学
 
  流れ学における定性物理アプローチ(渦の分類と流れの説明への利用)
中村育雄、渡辺崇、山田広也、加藤隆典
日本機械学会2001年度年次大会講演論文集
2001年8月
 
  Non-unique Development of Vortex Patterns in Accelerating Flow between Rotating Cylinder
Hiroyuki Furukawa、Takashi Watanabe
Proceeding for the 12th International Couette Taylor Workshop.   Participants
6-8, Sep., 2001, Evanston, U.S.A.
 
ページのトップへ

2000年度
  定性的な位置関係による実画像の把握
菅野 裕、渡辺 崇
日本機械学会東海支部第50期総会講演会講演論文集2000年度年次大会講演論文集, 29
2001年3月
 4.3Mbytes
 
  回転二重円筒管に生ずる非線形発達過程に関する数値計算
古川 裕之、渡辺 崇、中村育雄
日本機械学会東海支部第50期総会講演会講演論文集2000年度年次大会講演論文集, 273
2001.3, 名古屋国際会議場
 482Kbytes  
 
  回転2重円管内流れのモード形成過程に関する3次元数値解析
青木 正江、渡辺 崇、古川 裕之、中村育雄
日本機械学会東海支部第50期総会講演会講演論文集2000年度年次大会講演論文集, 275
2001.3 名古屋国際会議場
 
  Visual Information of the Mode Formation in Accelerating Taylor Vortex Flow with Finite Length
Hiroyuki Furukawa、Takashi Watanabe、Ikuo Nakamura
Proceeding for the 9th. International Symposium on Flow Visualization.
22-25, Aug., 2000, Edinburgh, England.
 319Kbytes  
 
  テイラー渦のパターン形成過程に関する数値計算
古川 裕之、渡辺 崇、中村 育雄
日本機械学会 2000 年度年次大会講演論文集 (4),pp. 249-250.
平成12年8月2日 名城大学
 44Kbytes  
 
  線図形を介した計算機とのコミュニケーション
小出哲也、渡辺 崇
日本機械学会2000年次大会講演論文集
平成12年8月3日 名城大学
 130Kbytes  
 
  Visualization of Sudden-Start Flow between Two Concentric Rotating Cylinders
Takashi Watanabe、Hiroyuki Furukawa、Ikuo Nakamura
Proceeding for the 9th. International Symposium on Flow Visualization, 313-1
Aug. 22-25, 2000, Edinburgh.
 
  流れ学における定性物理的アプローチ(説明の階層)
中村育雄、渡辺 崇
日本機械学会2000年度年次大会講演論文集(4),259
2000,8
 
  回転2重円筒管内流れの形成過程について
青木正江、古川裕之、渡辺崇、中村育雄
流体熱工学研究 35-1, 79-86
2000,6
 
  セルオートマトン法による流体解析の境界条件に関する一考察
下地淳、渡辺崇、中村育雄
流体熱工学研究 35-1, 87-94
2000,6
 
  知識を用いて不完全な三平面から曲面をもつ立体を推定するシステム
巣宇燕、渡辺崇
人工知能学会誌 15-5, 904-911
2000,5
 
  Visual Information of the Mode Formation in Accelerating Taylor Vortex Flow with Finite Length
Hiroyuki Furukawa、Takashi Watanabe、Ikuo Nakamura
Short Proceeding for the 9th. International Symposium on Flow Visualization.
 57Kbytes  
 
  アスペクト比が小さい場合のテイラー渦流れ
古川 裕之、渡辺 崇、戸谷 順信、中村 育雄
日本機械学会論文集B編66-643, pp. 655-662
平成12年3月

 
ページのトップへ

1999年度
  集団で進む人間の回避行動のモデリング
山田 泰也
名古屋大学卒業論文
2000.02.14.

 
  軸流中の回転体上の層流・乱流境界層について
山下新太郎、渡辺崇、中村育雄
数理解析研究所講究録 1075, 127-142
1999
 
  流れ学における定性物理的アプローチの一検討
中村育雄、渡辺崇
日本機械学会流体工学部門講演論文集 , 467
1999,10
 
  有限アスペクト比のテイラー渦流れにおけるモード形成とモード遷移
古川裕之、渡辺崇、中村育雄
第77期日本機械学会流体工学部門講演論文集
1999.10.8, 鳥取県民文化会館
 135Kbytes  
 
  Mode Formation and Bifurcation in Decelerating Taylor Vortex Flow
Takashi Watanabe, Hiroyuki Furukawa
Proc. FEDSM99
July, 1999, San Francisco

 
  Mode Formation and Bifurcation in Taylor Vortex Flow with very small Aspect Ratio
Hiroyuki Furukawa, Takashi Watanabe, Yorinobu Toya
Proc. FEDSM99
July, 1999, San Francisco

 
ページのトップへ

1998年度
  有限アスペクト比のテイラー渦における多重モード形成に関する数値的研究
古川裕之
名古屋大学 修士論文
1999, 1. (pdf 形式) 962KB
 962Kbytes
 
  Revision of Inconsistent Orthographic Views
Takashi Watanabe
Journal for Geometry and Graphics, 2-1, 45-53,
1998.10
 
  命題様相論理式を充足させるモデルの自動生成に関する研究
堀田高広、渡辺崇
情報処理学会第57回全国大会, 2-427
1998.10
 
  Mode Formation and Bifurcation in Taylor Vortex Flow with very small Aspect Ratio
Hiroyuki Furukawa, Takashi Watanabe, Yorinobu Toya
Abst. FEDSM99
1998, 10.
 147Kbytes
 
  Mode Formation and Bifurcation in Decelerating Taylor Vortex Flow
Takashi Watanabe, Hiroyuki Furukawa
Abst. FEDSM99
1998, 6.
 313Kbytes
 
  テイラー渦流れのモード形成と分岐に関する数値的研究
古川裕之、渡辺崇、前田俊介
日本機械学会流体工学部門講演会論文集
1998.8.27, 信州大学
 343Kbytes
 
  アスペクト比が小さいテイラー渦の数値計算
古川裕之、渡辺崇、前田俊介
第75期日本機械学会通常総会講演論文集
1998.4.27, 東京工業大学
 112Kbytes
ページのトップへ